2014年05月05日

渋さ知らズ 2014/05/05 in ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

渋さ知らズがラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに今年も参加です。
3回目って渡部さんが言ってました。
不破さんが頭を丸めてましたが何かあったのかな・・

タイトルは、『舞曲の祝祭』

曲目解説には、「ロマ(ジプシー)の音楽や民謡など、民衆の中に息づいている音楽で、そこから生まれた舞曲など、民衆パワーみなぎる音楽に、渋さ知らズがさらに怒涛のエネルギーを注ぎ込むという」って書いてあります。

ボレロやハンガリー舞曲 第5番を交えながらダンサーや舞踏メンバーが所狭しと舞ってました。
迫力ありましたね。楽しかったです。

ただ、時間が少なかったのが残念でした。
南波さんの詩から本多工務店のテーマに続いて欲しかったです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



草間彌生
posted by こりら at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

マルタ・アルゲリッチ、ギドン・クレーメル 2014/05/04 in ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

ついにマルタ・アルゲリッチのコンサートにいくことができました。

そこにギドン・クレーメルも駆けつけるという豪華絢爛なコンサートでした。

急遽のプログラムだったので、開始は22:15とかなり遅め・・
予定では23:10に終了予定でしたが、
ストラヴィンスキーが40分ぐらい演奏して、サン・サーンスも30分ぐらい演奏したので終わったのが23:30過ぎで満足な内容でした。

出演:
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
酒井茜(ピアノ)
ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
堀米ゆず子(ヴァイオリン)
川本嘉子(ヴィオラ)
ギーデュレ・ディルバナウスカイテ(チェロ)
吉田秀(コントラバス)
ジュリエット・ユレル(フルート)
ラファエル・セヴェール(クラリネット)
安江佐和子(パーカッション)

曲目:
ストラヴィンスキー:春の祭典(2台ピアノ版)
第1部:大地の礼賛
第2部:生贄の儀式

サン=サーンス:動物の謝肉祭
第1曲:序奏と獅子王の行進曲
第2曲:雌鶏と雄鶏
第3曲:騾馬
第4曲:亀
第5曲:象
第6曲:カンガルー
第7曲:水族館
第8曲:耳の長い登場人物
第9曲:森の奥のカッコウ
第10曲:大きな鳥籠
第11曲:ピアニスト
第12曲:化石
第13曲:白鳥
第14曲:フィナーレ

おもしろかった。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



草間彌生
posted by こりら at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

渋さ知らズ大オーケストラ 2014/01/13 in 渋谷O-EAST

渋さ知らズ大オーケストラ 2014/01/13 in 渋谷O-EAST

行ってみたいと思いやっとO-EAST渋さに行けました。
いつ聴いてもかっこいいですね〜。
今年初めてのライブが渋さっていい感じ。

tp:北陽一郎、石渡岬、石川寧
ss:松本卓也
as:立花秀輝、川口義之、纐纈雅代
ts:片山広明、広沢リマ哲
bs:鬼頭哲
tb:高橋保行、岩崎佐和
tuba:ギデオンジュークス、菱沼尚生
key:山口コーイチ
bass:ヒゴヒロシ、小林真理子、KenKen
g:大塚寛之、斉藤社長良一、ファンテイル
vln:太田惠資、横沢紅太郎
per:関根真理、松村孝之
ds:山本直樹、磯部潤、藤掛正隆
vo:渡部真一、南波トモコ
舞踏:若林淳、東洋、宝子、南加絵、シモ
ダンス:ぺろ
お調子:スガコ、アスカ
act:ボス
舞台監督:安部田保彦、
映像:青山健一
美術:トックン、林周一、なつき、みずき、かなこ
音響:田中篤史
照明:鈴木章夫
写真:山下恭弘
物販:藤中悦子
制作:馬渕仁彦
ダンドリスト:不破大輔

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



草間彌生
posted by こりら at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする